地盤改良工事☆

こんにちは(^0^)

 

先日、南区O様邸にて基礎工事に先立ちまして地盤改良工事が行われました!!

 

O様の敷地は、地盤調査をした結果、約6mの深さまで改良が必要とのこと(>_<)

 

地盤改良の工法は、鋼管杭にて行いました。

 

 

この長さ6m以上ある鋼管杭32本、打ち込みました!

 

 

打ち込む場所は、事前に図面と現地でチェック!

 

印が消えないように、マーキングスプレーでしっかり吹いたのが上記写真☆

 

 

これが、鋼管杭を打ち込んでいる写真です!

 

6mって、住宅2階の天井くらいの高さがあるんですよ。

 

杭の真下にいる人は、真っ直ぐに打ち込めているか?や

 

杭の打ち込み高さを目視やレベル、水平器を用いて管理する役割があります。

 

 

 

こちらは、杭の打ち込み最後の一押しをしているところ!

 

重機の力は偉大です。

 

 

打ち込み完了後は、こんな感じ!

 

穴が開いているように見えるところが、杭をうちこんだところ。

 

6m下の固い地盤支持層に杭が到達し、建物を支えてくれます☆

 

O様邸は、明日より基礎工事に入っていきます!

 

 

 

実は、O様は約6年前に何度か弊社を訪れてくださっていました。

 

家づくりの話が無くなった時期もありましたが、急に家づくりの話がご家族間で出て…

 

こうして着工するところまでくることができて感慨深い気持ちです!

 

O様、今後ともよろしくお願い致します。