トピックス

家を建てるなら

2020.06.28category:家づくりコラム

夢のある言葉

「家を建てる」・・・なんて素敵な響きでしょう!

「よし、家を建てよう!」.と決心する時、希望と期待で胸がいっぱいになるのではないでしょうか。

「家を建てるなら、こんな感じがいいな。」

「家を建てるなら、こういう暮らしが出来るといいな。」

「家を建てるなら、こんな家具も揃えたいな。」

夢が広がりますね!

夢もあるけど、不安もある・・・。

こんにちは。エコーアートの袴田孝枝です。

私は長年、社長の横で、多くのお客様と技術者とのやり取りを見詰めてきました。

いろいろなお客様と接していると、家を建てる前・家を建てている時・家を建てて住んでから・・・と、それぞれの場面で、お客様の心配事や不安など、心の移り変わりが分かるようになってきたのです。夢もあるけど、不安もありますよね。

今日は、その中からいくつかをご紹介いたしましょう。

家を建てる前に考えていること

弊社の「家づくり相談会」にお見えになる方は、多くの方が「最近、ここ半年以内くらいに家を建てることを本格的に考え始めた」とおっしゃる方が多いです。

家を建てることを考え始めたきっかけはそれぞれですが、やはり一番多いのは「アパートの家賃を払い続けるのであれば、家を建てよう」と思われたとのこと。

また、「家を建てた友達の家を見て、自分達も家を建てたくなった」とか、「家を建てるのなら,子どもが小学校へ入る前、幼稚園に入る前に引っ越して、転校・転園のないようにしたい」という方も多いですね。

そんな相談者さん達の胸の内に分け入ってみると・・・こんな声が聞こえてきます。

今迄一生懸命貯めてきたお金は、全額は頭金には出来ないし・・・一体銀行でいくら貸してくれるんだろう?

自分達は、そもそもちゃんと住宅ローンが組めるんだろうか?

間取りはちゃんと考えてくれるだろうか?間取りって、どうやって決めるの?

大きな地震が来ても、大丈夫だろうか?

アパートみたいに結露しないかな?

家を建てても、将来に向けて貯金していけるかな?

「家を建てるなら、〇〇!」と決めていた希望が、かなうだろうか?

このような不安が、頭の中を巡っているのではないでしょうか。

そして、そういう思いがあるけれど、改めて口にするのはちょっと恥ずかしいし、こういうことを他の人は思っているのか分からないので言えないというのが本当のところなのだと伝わってきます。

なので、エコーアートの相談会では少しずつお聞きしながら、今まで改めてご自分達で考えたことがなかったようなことも、明らかにしていきます。・・・と言っても、質問攻めにする訳ではありませんので、ご安心ください。

「家を建てるなら・・・」って、本当に素敵な言葉ですね。

それを頭で考え、実行に移す時が、人生でいちばん充実している時かもしれません。

浜松市の注文住宅会社のエコーアートが建てた塔のある家の北面外観正面写真

家を建てる時に考えること

さあ、いよいよ家を建てる計画がスタート!!

いつがスタートかと言えば、行動に移した時です。

いざ家を建てるとなると、結構周りの人たちからアドバイスを頂くことがあるかもしれません。

自分達の時はこうだったから気をつけた方がよいとか、こうするといいよとか、いろいろです。

場所や価格など、各種条件が違いますので、是非参考くらいにしておいてくださいね。

ところで、家を建てる時、いちばん深く考えなくてはならないことって何でしょう?

それは、家を建てる時の「パートナー選び」いわゆる住宅会社を決めることです。

旅行を例にあげれば、「何処へ行く」かも大切ですが、「誰と行く」かが大きな要素ですよね。

旅行のパートナーによって、旅の楽しさが随分変わると思います。

一生に一度の家づくりだから、是非家を建てることを楽しんでくださいね。

そのためには、楽しめる相手を探してください。

そして、家を建てることを楽しむために、シッカリやっておかなければならないことがあります。

★間取りを決める ⇒ やり直しは効かないから、徹底的にやってください。ご自分達の希望を叶えることが大切ですが、プロの意見も聞いてくださいね。たとえば、希望を最優先したばかりに、地震で壊れては元も子もありません。そして、未来を予想した間取りであることも大切です。

★資金計画をシッカリ立てる ⇒ 人生全般から見て、家を建てる時にいくら借りるのが妥当であるか、検証して貰ってください。そして、いくらなら返していけるかも検討してください。これが「調達計画」と「返済計画」です。

★いわゆる「オプション工事」にいくら掛けるかを把握する ⇒ ここの金額が全体に及ぼす影響が結構大きいです。何処までが標準的についているもので、何処からがオプション工事代としてお金が掛かるのか。家を建てるときには、ついついお財布の紐が緩むものですが、少しずつの積み重ねは大きいものです。いつも頭の中をスッキリさせておいてくださいね。

★建物の耐震性・断熱などの性能を確認 ⇒ 「プロだから、耐震と断熱はしっかりやっているだろう」と思うかもしれません。しかし、各社バラツキがあるのが現状です。どのように施工しているか、お客様に分かりやすい言葉で伝えているか、技術者に聴いてみてくださいね。

★家を建てる会社の「家づくりへの思い・考え方・取り組み・ポリシー」などを聞いてみてください、納得・共感できるものでしょうか?

いざ家を建てる時には、今までぼんやり感じていたことが、かなり鮮明になってきます。もはや「夢」ではなく、現実になりつつある頃!今こそ、家族で力を合わせて「家を建てる」ときなのです。夢が現実になる時、ひょっとしたら大きな壁が立ちはだかるかもしれません。そんな時は、どうしたらいいのでしょう?

夢を実現するためにはそれぞれのご家族が、全部が全部すんなりいく訳ではありません。大なり小なり、問題が浮かび上がってくるのが現状です。お金のことだったり、土地のことだったり、間取りのことだったり・・・。

その壁を乗り越えていけるかどうか。それは、何のために家を建てるかを、深く心に問い直してみると・・・答えは明白ですね。誰のために家を建てるのか。多くの方は「家族のため」とおっしゃいます。

壁に突き当たった時こそ、ご夫妻で力を合わせて乗り越えて欲しいのです。

「家を建てる奥様の応援団長」を自負する私としましては、心からエールを送りたい気持ちでいっぱいになります。

浜松市の工務店のエコーアートが建てたナチュラルかわいい家のダイニングカウンター写真

家を建ててから考えること

待ちに待ったご新居が完成、そしてお引っ越し!嬉しい日々がスタートします。

「引っ越しました」のお知らせハガキには、是非ご新居の写真を使ってくださいね。

今後は長く住み続けるために、ちょっとした手直しなどでお金が必要になるかもしれないことを考えると、是非積立貯金をしていかれることをお勧めします。

さあ、新しい生活を目いっぱい楽しんで、ご機嫌な毎日を過ごしてくださいね。

是非、スッキリ暮らす工夫が欲しいところ。・・・最初が肝心です。

いつまでもモデルルームのようにスッキリ暮らしたい!そんなご希望はありませんか?ご希望があれば、そんな風に暮らす秘訣を私がお伝えします。

「家を建てる」・・・何て素敵な言葉でしょう。

是非、あなた様の夢を実現してくださいね。心より応援しております。

エコーアートがお客様の家を建てる時に考えていること

さて、ここからは視点を180度替えて、エコーアートではお客様の家を建てる時にどんなことを考えているかをお伝えしましょう。

ご興味あおりですか?

ありがとうございます。

まずはお客様の間取りを考えるに当たり、ご要望をお聞かせいただいた後、外観を考慮しながら、1階と2階の壁の位置や耐震性を考慮しながら、そしてお客様の使いやすさ・導線などを総合的に考え併せて間取りを作っていきます。

もちろん、何度か打ち合わせを重ね、最善の間取りを作っていきます。

キッチンやお風呂などの住宅設備を決める時も、ショールームへご一緒させて頂いております。お客様によっては何度か変更になる場合がありますが、間違いの無いよう確認しております。

工事が始まったら、お客様の思いを現場に伝え、反映させなければなりません。この辺りが建売住宅との大きな違いです。最善の間取りをお客様のために作り上げるのはもちろんですが、実際にお客様の思いがたくさん込められた家にすることが私共の努めです。

お客様の笑顔のために・・・!いつもそのような気持ちでお客様の家を建てさせて頂いております。

エコーアートのモットーは、

「お互いの人生の大切な時間を共有し合う」

「家づくりを通して、尊敬し合える間柄になる」

この二つです。いつもこの二つのモットーを胸に、お客様の家を建てさせて頂いております。

これからも変わらず、お客様と一緒に、素敵な家を建てていきたいと思っております。

「家をつくるなら~♪

「家をつくるなら~、家をつくるなら~ぁ、草の萌えるにおいのするカーペットを敷きたいと思うのであります~♪」

私が子供の頃、テレビから流れるこのメロディーが大好きでした。

なので、「家を建てるなら」と言うと今も「憧れ」のイメージがあるのかもしれません。

この歌がテレビから流れていたころは多分、住宅ローンなんて無かったと思います。あっても、まだ制度自体、広く知られていなかったかも。

なので、「家を建てるイコールお金持ち」という暗黙のイメージでした。実際その頃は多くの人がアパートや借家・社宅暮らしでした。持ち家であっても、今に比べたら粗末な造りの家が多かったと思います。家自体、大工さんにお任せ・・・という感じではなかったでしょうか。

今は住宅ローンといういい制度が出来て、真面目に働いて返済していけばお金が借りられて家が建てられるという時代になりました。 ちなみに、ひと昔前は家を建てるために低金利で貸してくれるのは銀行ではなく「国民金融公庫」でした。 今は本当に、お客様が銀行ローンを選べるいい時代ですね。

雑誌を見たり、インスタグラムで検索したり、そこからホームページを見たり・・・

家を建てるという夢の広がりも、半端ない感じでしょうか?!

「いつかは、家を建てたい!」と思われているのなら、

その「いつか」は、「今」かもしれません。

家を建てるなら、あなたはどんな家を建てたいですか?

世の中には星の数ほど工務店や住宅会社があります。その中から、たった一社を選ぶ訳ですが、「選んで頂ける工務店」になれるよう、私共も日々家を建てるための研鑽を積み、更に磨きを掛けていこうと思います。

お互いの人生の大切な時間を共有しながら、家づくりを通して尊敬し合える間柄になれるよう、「お客様と一緒に家を建てる」この道を邁進したいと考えております。

この記事をシェアする:
この記事のカテゴリー:家づくりコラム