トピックス

家づくり成功の秘訣?!

2020.05.14category:その他 | 家づくりコラム

「家づくり成功の秘訣」とは・・・

家づくり成功の秘訣とは、どんなことなのでしょう?

家づくりに大切なことってたくさんあって、どれが一番大切か、甲乙つけがたいところではあります。

お客様は、ほとんどの方が初めての家づくり。わからないことも多いでしょう。

親に聞いても、昔の家づくりとは時代が違うから話がかみ合わず・・・。

最近家づくりを経験した友達に聞いても、それは一度の家づくり。

ヒントにはなっても、正解を導くのはむずかしいでしょう。

家づくりの成功の秘訣・・・それはあなたの足元にあります!「なーんだ、そういうことだったんだ。なるほどね~」と納得できると思います。言うなれば、基本中の基本!

浜松市で家づくりをするお客様とエコーアートによる打ち合わせ写真
浜松市で家づくりをするお客様とエコーアートによる打ち合わせ風景写真

言い遅れました。エコーアートの袴田孝枝です。社長の横で、長年家づくりを間近な位置で見詰めてきました。そんな私が思うのは・・・

「家づくり」って一言で言うと、どんな言葉に言い表すことが出来るでしょう?ということ。

私がずっと以前から言い続けてきた言葉、それは・・・

「家づくり、それはお客様の幸せづくり」

本当は、家を建てようとしているご家族は、既にお幸せなんです。私から見ると、それはもう、キラキラしています☆彡

言うなれば、幸せの形を「家づくり」に求めていらっしゃるのですね。

家づくりは、幸せの形づくり?!

さて、その幸せをどのように形に表現していけばいい家づくりができるでしょうか?

家づくりは、全く形の無いものを一から創り上げていく作業。ワクワクと同じくらい、不安もありますよね。いえ、それ以上でしょうか。

なぜならば、未来のことは分からないから・・・当たり前ですが・・・。

そして、家づくりには難しいことが多くて、何だか大変そうに感じるから。

このページをお読みくださっているということは、あなた様もこれから「家づくり計画」をスタートさせるところでしょうか?

あなた様は、家づくりでどんなことを難しいと感じていらっしゃいますか?

土地選び・住宅ローン・銀行選び・住宅会社選び・間取り・断熱や気密などの住宅性能・地震に対する強さ・家の構造・家の外観・家のデザイン・家の価格・・・ちょっと考えただけでたくさん出てきます。細かく言ったら、家の仕様や住宅設備機器など、大切なことが多岐に渡っています。

「一生暮らす家だから、家づくりで後悔したくない!」というのはもちろんのこと。家づくりを間近で見詰めてきた私から言わせて頂くと、後悔したくない思いを上回るくらい「家づくりを心から楽しんで欲しい」と思っております。

さて、家づくりを心から楽しむためには、どうしたらいいのでしょう?

浜松市で家づくりをするお客様とエコーアートによる壁ペンキ塗り写真

まず思い浮かぶのは、「情報収集」でしょうか。

ご夫妻で家づくりをされるので、お二人の意見は多少のズレがあるかもしれませんね。

でも現実問題として「一軒」の家を建てるので、譲れるところ・譲れないところをお互いに話し合って、優先順位をおつけになることをお勧めします。

漠然としている中でいろいろ見詰めていく、この期間が人によっては長いかもしれません。インスタグラムのお気に入りを集めたり雑誌を切り抜いたりして、密かに楽しんでください。

資料お申し込みのコツとは?

弊社にも、多くの方から家づくりの「資料お申し込み」があります。

インスタグラムやホームページを検索しながら、自分達のイメージに合う家づくりをしている住宅会社の資料を、是非取り寄せてみてください。

これはお客様から直接聞いたお話ですが、資料を申し込んだ翌日から毎日のように営業マンが来て、玄関チャイムが鳴ると怖くなってしまったとか・・・。もし赤ちゃんが寝ていたら、本当に迷惑!このような住宅会社とは、いい人間関係が築けるか大いに疑問です。

とは言え、いつかは家づくりをされるとなると、やはり資料のお申込みは避けて通れないですね。

そこでご提案ですが、資料お申し込みされる時に「連絡は都合によりメールにしてください。連絡先アドレスは〇〇〇@〇〇〇」と書いておいてください。迷惑な時間帯の電話も、困りますものね。

さて、いくつかの会社から家づくりの資料が集まったら、よくよくご夫妻で検討してみてください。

家づくりに最適な時は、いつ?

ところで、家づくりは「いつ頃」するのがいいのでしょう?

以前は30代後半から40代前半の方が多かったのですが、最近はお施主様の年齢層が、ぐっとお若くなりました。ご主人様の年齢が、20代後半から30代前半くらいです。子どもさんも小さくて、私は孫のように感じています♪

住宅ローンを35年で組む方が多いので、アパートの家賃を考えると早く家づくりをして、住宅ローンに回した方が有利とお考えの方が多いのでしょうね。

私は、年齢と言うよりも「思った時が、家づくりにいい時」だと思います。

先程申し上げたように、お客様は家づくりのことを考えられるくらい「お幸せ」なのですから。「家を建てよう」とご夫妻の思いが一致した時が、一番いい時なのだと多くのお客様を見て確信しています。

さあ、家づくり計画、スタート?

さあ、検討していくつかの会社に搾ったら、次の段階に進みましょう。

次の段階って?

そうですね。「どんな建物か」を見に行く。「どんな人か」を確認しに行く。どちらかと言えば、「どんな人か」の方でしょうか。なぜならば、どの建物もその家はお施主様のご希望に沿った家であり、自分たちのイメージに近いかもしれないけれど、希望とは違うものだから。あくまでも、参考にしてください。

あなた様の家を建ててくれる住宅会社は「人」の集まりです。どのような人が社員なのか、よく見てくださいね。社員の向こうには、各種職人やスタッフが大勢いて、一軒の家が建つことを忘れないでください。

人生は、巡り合いの連続です。是非いい人に巡り合いたいですね。あ、これって結婚と同じ?!

まさに、そうですね!家づくりのパートナーは、一生のパートナーですから・・・!「お客様」と「作り手側」は深い信頼関係を築いていかなければなりません。

是非、自分達に合った住宅会社・人を選び抜いてください。

請負(うけおい)とは、形の無いものを一から現場で創り上げていくことです。

自分たちの心の中の理想を形にしてくれるか、予算内で最高のものを提供してくれるかを、自分達の「思考・感覚・感性」を総動員して判断してください。

土地探し→土地購入→間取りも検討しながら→資金計画→銀行選び→間取り決定→契約→詳細打ち合わせ・ショールームなど→地鎮祭→着工→上棟→工事期間を経て→お引き渡し・・・となると、家づくりの密なお付き合いは1年~2年くらいになります。

そして家づくりの後も、アフターメンテナンスは続きます。一生付き合える会社であるかを見てください。

家づくりのモットーは?

次に、私共エコーアートがモットーにしていることが二つありますのでご紹介しますね。

★お互いの人生の大切な時間を共有し合う。

★家づくりを通して尊敬し合える間柄になる。

気になる住宅会社に、モットーとしていることを聞いてみるのもいいかもしれません。

その内容が自分達に合うことならば、一度話を聞いてみたらいかがでしょうか。

自分だけの「ものさし」を見つけること?

どのように暮らしたいか?

それには、どんな家づくりをしたらいいか?

一生暮らす家。長い時間を過ごす家。大好きな家族と一緒に過ごす家。

であるならば・・・。

歳を重ねても、ずっと大好きな家がいい。

家族団らん。夫婦水入らず。親戚や友人を度々招く。趣味を楽しむ。そして、何よりスッキリ暮らす。お気に入りのものに囲まれて、笑顔で暮らす。

あなただけのクリエートされた空間の家づくりを提案してくれる人。それは、あなだだけの「ものさし」を教えてくれる人です。

是非、そんな「ものさし」を見つけてください。

家づくり、それはあなたの幸せづくり。

さあ、どのように暮らしたいか、どのような家づくりをしたらいいのか。あなたの心に聴いてみてください。

答えは、足元にあります。

あとは、それを実現してくれる「家づくりのパートナー」を見つけ出すだけです。そう、それこそが、家づくり成功の秘訣です。

えっ?!それがむずかしい?

そうですね。人間対人間ですので、もちろん相性もあります。

自分の思いを分かってくれるか、コミュニケーションがしっかり取れそうか、総合力があるか、様々な観点から判断して、あなたの目で家づくりのパートナーを選び抜いてくださいね。

浜松市に建つ丸い塔がある家のリビングを正面から見た写真

素材を活かす暮らし方

エコーアートの家づくりを例に挙げると、室内の素材は、無垢の木が床や天井、壁などに使われていて、リビングルームに入った途端、自然が目に飛び込んできます。

塗り壁は玄関ホールのみが標準仕様になっておりまして、他の室内はクロス張りです。お部屋の一面の色を替えたり模様のクロスを採用したり、またご家族で家づくりの思い出に、壁を2面「ペンキ塗り作業」して頂いております。

そうやって創り上げた空間に、どう暮らすか。この素材のよさを、とことん活かして欲しいです。

実は、ここから先を詳しく考えて家づくりをされる方は、なかなかいらっしゃらないのが現状です。

しかしながら、ここからが重要ですよね。

是非、スッキリ暮らすことをご提案したいです。

出来るならば、いつまでもモデルルームのように・・・!

それには、コツがあります。

ご興味のある方は、エコーアートの袴田孝枝までお問い合わせください。

あなた様が、いい家づくりをされることを心から願っております。頑張ってくださいね!

(有)エコーアート お客様サポート担当 袴田 孝枝【家づくりされる奥様の応援団長】より

この記事をシェアする:
この記事のカテゴリー:その他 | 家づくりコラム