トピックス

カフェスタイルの家

2020.08.01category:その他 | 家づくりコラム

こんにちは。エコーアートの袴田孝枝です。

今日は、最近お客様のご要望が多い「カフェスタイルの家」についてお話ししましょう。

カフェスタイルの家って、いいな♪

「カフェスタイルの家」と聞くと、あなたはどんなイメージを持たれるでしょう。

よく雑誌に載っている「ここはお店?」と思ってしまうようなリビングがあるおうち?!

子どもの頃、仲良しの友達と遊んだ「お店屋さんごっこ」と「おかさんごっこ」が混ざったような、ままごと遊び?!

憧れの北欧の家でのおしゃれな暮らし?!

無垢の木がふんだんに使ってあって、ざっくりした手造り感があって、明るい日差しが差し込むグリーンが似合う空間?!

何だか、夢が広がります!

カフェスタイルの家は、奥様の憧れを形にした空間があるおうちです。

カフェスタイルの家は、どんなおうち?

ちょっと目を閉じて、想像してみましょう。

「カフェスタイルの家」は、どんな作りになっていますか?

白い壁? 天井には、木や板が見えているでしょうか?

床は、無垢の板が張ってありますか?色は、濃い?薄い?

そこには、どんな家具が置いてあるでしょうか?

食卓テーブルはどんな形?椅子は、ベンチでしょうか?一脚ずつ分かれているでしょうか?

家族の人数分だけ敷かれたランチョンマットは、どんな柄?

それぞれのマグカップに好みの飲み物を入れて、ママが焼いた焼き菓子があったら、最高♪

休日の午後のひとときが、素敵なティータイムになります。

カフェスタイルの家は、家族団らんの形をオシャレに演出してくれそうですね。

もちろん、お友達を招いて、「おうちカフェのランチ」を食べるのもよし!

家族ぐるみで仲良しの仲間を呼んで、「おうちパーティー」もよし!

あなただけの「カフェスタイルの家」を作り上げていってほしいのです。

もしかして、子どもさんがお友達と我が家で「カフェごっこ」とか「おうちカフェごっこ」「おうちカフェパーティーごっこ」なんてやって遊んだら、楽しいでしょうね!その時は是非、仲間に入れて貰ってくださいね。

「カフェスタイルの家」最近の実例

皆さん個性があって二つとして同じお部屋はありません。どのお部屋も、個性的でしょう?

共通しているのは、ラフな感じの無垢の木を使っていること、アイアンやタイル、カラードアが似合うこと。そして、グリーン(鉢など)も似合います。

さすがはカフェスタイルの家、珈琲が美味しく戴けそうですね!!淹れたて珈琲のいい香りが似合います。

まずは、どんどんあなたの夢を膨らませて「ここだけは施工したい!」というこだわりを見つけてくださいね。

あなたはどんな「カフェスタイルの家」がお好きですか?

カフェみたいな部屋にするには。どうすればいいの?

まずは、どんな雰囲気が好みなのかを伝えるために、雑誌やインターネット、インスタグラムなどで写真を集めてみてください。

どこに、こだわりますか?

優先順位をつけて、ここだけは譲れないところも決めておきましょう。

こだわりポイントをメモしておくといいですね。

家づくり計画の時には作り手に伝えて、是非プロのアドバイスを受けてください。

ご予算内で、出来ることと出来ないことがあります。

「こうしたい」という部分に、予算を決めておくといいですね。

たとえば、標準の施工+30万円くらいで、遊び心のある施工をするなど・・・

余談ですが、エコーアートの場合、標準施工がカフェのような感じになっております。そこにプラスして遊び心があると、とてもいい雰囲気になると思います。

遊び心のあるカフェスタイルの家って?

改めて、上の施工例をご覧ください。

お部屋を構成する床・天井・柱・梁(はり)以外に、変化をつけられるところは・・・

壁、テレビの後ろの壁、アーチ壁、照明器具、ドアの色、アイアン手摺、家具、タイル模様、棚などです。

その辺りをこだわると、楽しいですね♪

少しお金は掛かりますが、レンガや石積みなどで変化をつけるのも面白いし、間接照明を取り入れるのも素敵ですね。

書いていて思ったのですが、これは「カフェスタイルの家」に限らず、どのスタイルのお宅も同じです。

建てる時にはこだわる場所を書き出して、是非優先順位をつけてみてください。

そして、「これだけは譲れない。これだけは施工して欲しい」ものも決めておいてくださいね。

いいですね~!カフェのような空間で珈琲を飲む自分を、是非想像してみてください♪

きっと、飛び切り美味しいのでしょうね ☆彡

素材感のある「カフェスタイルの家」って、いいな♪

ざっくりした、木の素材感って、お好きでしょうか?

柱や梁など、見える部分の新しい材木をエイジング加工して、わざと古めかしさを演出します。

これには、施工技術が必要です。熟練の職人技なので、誰にでも出来るというものではありません。

エコーアートでは、これを標準仕様としております。

なので、お客様のセンスを標準仕様以外のところ(オプション仕様)で発揮して欲しいと思います。

是非、素材感を活かしたカフェスタイルの家づくりを楽しんで欲しいと願っております。

いろいろなカフェへ実際に行ってみるといいですね。きっと参考になることがたくさんあると思います。

本物のカフェに学ぶ

浜松市西区に建つイタリアンレストラン Kitchen Luceのカウンター席写真
浜松市西区に建つイタリアンレストラン Kitchen Luceのテーブル席写真

こちらは、弊社にて施工、2019年5月にオープンした浜松市西区にある「キッチン ルーチェ」さんです。

南ヨーロッパを思い起こさせる明るい店内の雰囲気、イタリアで修業した女性シェフさんのお料理の美味しさや気さくなお人柄が、女性客さんに人気の繁盛店です。

お昼時のランチと、午後からのカフェタイムが楽しめる、まさに本物のカフェ。

珈琲も、美味しいですよ~♪

アンティークな床やテーブル、真っ白に塗られた梁や天井。

随所に、店主さんのこだわりが感じられます。

浜松市西区に建つイタリアンレストラン Kitchen Luceの個室内観写真
浜松市西区に建つイタリアンレストラン Kitchen Luceのトイレ写真

小上がりやトイレにも、店主さんのこだわりが感じられますね。

こちらも、カフェのような雰囲気の浜松市中区T様邸。

「極上のひとときが流れるカフェスタイルの家」です。

お施主様いわく「家で珈琲を飲むことが増えました」とのこと。

家で飲む珈琲がいちばん美味しいと言って頂けたら、私共も工務店冥利に尽きます。

あなた流カフェスタイルの家

さて、あなた流「カフェスタイルの家」は、どんな風にしたらいいでしょうか?

今まで見てきた中で、自分なりの理想の「カフェスタイルの家」が見つかったでしょうか?

頭の中で、大事なお友達をおうちに招いたときのことを少し想像してみましょう。

お友達がリビングに一歩入った途端、「わあ~!素敵。まるでカフェみたい!」と言ってくださるお部屋。

そこには、どんな空間が広がっているでしょうか?

天井は? 床は? 壁は? ドアは? 窓は? アイアンやタイルが使ってある? 階段が見えている?

照明器具は? ソファは? テーブルと椅子は? カーテンは? 流れる音楽は?

ランチョンマットは? 食器は? グラスは? 珈琲カップは? カトラリーは?

お料理のメニューは? 飲み物は? 食後のデザートは?

そして何より、楽しい話題は?

お友達との楽しいひとときが過ごせるといいですね!

あなた流の「カフェスタイルの家」を是非見つけてください。

応援しています♪

お友達とのひとときもいいけれど、何より大事なのは、家族との毎日。

毎日がカフェスタイルだったら・・・テンション上がりますよね ↗↗

是非ご家族で過ごす毎日、とりわけ休日のひとときも大事になさってください。

ご家族を「パンが焼けるにおい」で起こしてあげるのもいいかもしれませんね。

仲間と過ごす「カフェスタイルの家」

素敵なカフェスタイルの家が出来たら、きっと家族ぐるみの仲間達が集まってきそう・・・。

何と言っても「カフェスタイルの家」は、皆の憧れですもの。

ある日曜日、ワイワイガヤガヤ、楽しく賑やかな食事が終わると・・・

パパたちがくつろぐソファの辺り。ママたちが集まる食卓テーブル。

そして、子供たちが遊ぶ広い床のスペース。

時間が許す限り、のんびりと過ごす「いいひととき」。

落ち着いた雰囲気のお部屋なら、きっと皆が気に入りまた来たくなること、間違いありません。

ひとりで過ごす「カフェスタイルの家」

実は、私がいちばん大事にして欲しいのは、ひとりで過ごすひとときです。

ご家族が出掛けていて、家事の合間にホッとひと息、珈琲を楽しむ時間。

仕事や家事、育児などをひととき忘れて、自分を労わる時間。

その時間こそ、あなたがあなたをもてなす、最良のひとときなのです。

どうか、ご自分を大切になさってください。

そのひとときを過ごすところが、大好きな「カフェスタイルの家」であったなら・・・!

人生の1ページ1ページが、輝き増すような気がします。

是非、お気に入りの珈琲カップで、とびきり美味しい珈琲豆で淹れた極上の一杯を楽しんでくださいね。

「カフェスタイルの家」・・・夢が無限に広がります。

どんな場面にも似合う「カフェスタイルの家」

親しいお友達を招く「おうちカフェ」にピッタリの「カフェスタイルの家」。

ご家族団らんを彩る「カフェスタイルの家」。

家族ぐるみの仲間達が「おうちパーティー」で集う「カフェスタイルの家」。

自分一人をもてなす、極上のひとときを味わう「カフェスタイルの家」。

「カフェスタイルの家」は、現代版コミュニケーションのとれる家です。

理屈ではなく、感覚で「いいな」と感じるものなので、見て頂ければ説明は不要でしょう。

出来ましたら、見学会などでご覧になることをお勧めします。

あなたがご自分の思い描くおうちを建てられますよう、心より願っております。

この記事をシェアする:
この記事のカテゴリー:その他 | 家づくりコラム