トピックス

浜松市東区W様邸

2020.11.21category:インタビュー | ママンの家インタビュー

「こんな家で暮らしたい」

運命の出会いが夢を叶える

ずっと賃貸暮らしでしたが、DIYが趣味なのもあって柱を立てて棚をつくったりと、自分好みの空間にアレンジしていたので、家を建てることは考えていませんでした。

あるとき、軽い気持ちで見学会に参加したら、やっぱり自分の家を持つって素敵だなと(笑)。

そこから家づくりの勉強を始めるようになりました。

決められたパターンから選ぶのではなく、人とは違う、自分の好きなデザインの家を建てたかったから、工務店さんで注文住宅をお願いすることに。

そんなとき、インスタグラムで見つけたエコーアートさんの家が、まさに自分の理想とする家にぴったり!すぐに見学会の予約をしました。

実際に建てた家を体験すると写真で見るよりもずっと素敵で、アンティークなあしらい、カフェみたいなかわいらしい雰囲気に引き込まれ、「こんな家で暮らしたい」と思うように。

ハンドメイド作家の作品が好きで、自分も趣味で服やバッグなどをつくっています。エコーアートさんも「ママズマルシェ」という雑貨展を定期的に開催されているので、親近感が湧いたし、価値観も似ているなと感じ、ここでお願いしようと決めた理由の一つです。

住む人のことを考えた

+αの提案が頼もしい

家事をしていても家族の姿が見えるキッチンカウンター、子育てに便利な和室はリビング横に欲しい、ミシンを楽しむ趣味室もいいな、SNSで見たようなアーチ壁やアクセントウォールもと、いざ建てるとなると、したいことがいっぱい(笑)

印象的だったのが、洗面の壁をSNSで見つけた写真のように三角形にしてほしいとお願いしたところ、そのまま同じようにつくるのではなく、私たち家族の身長や家のデザインに合わせてアレンジしてくれたんです。

使い勝手などを考慮した仕事に、プロならではのこだわりを感じました。

扉や壁紙の色を何百とある色やサンプルの中から選ぶのは大変でしたが、このステップが理想の家の完成につながっているかと思うと、不安よりもワクワクする自分がいました。

無理なお願いも嫌な顔をすることなく、こちらの意図をくんで、いつも「予想以上の提案」をしてくるのがうれしかったですし、任せて本当に良かったなと思いました。

素材感あふれるアイテムが

居心地の良い空間を生み出す

こちらの想像を超える家が完成し、とても満足しています。

「自分好みのかわいい家」というだけで、テンションが上がっちゃいます(笑)。

DIYだけで自分の思い通りにするのはやはり限界がありますから。

家にいることが多いからと、私の好きなようにしていいよと言ってくれた夫には感謝しています。

エコーアートさんの家は、素材感というか、手ざわり感がいいんです。

木の床や塗り壁、アンティーク加工した柱、キッチンの引き出しに付けた陶器のつまみなど、一つひとつに思い入れがあるものばかり。

毎日触れるものだからこそ、細かな部分にも妥協したくなかったし、エコーアートさんも一生懸命に応えてくれました。

家の中はもちろん、2階ベランダのアーチ壁、曲線を生かしたデザインコンクリートの門壁、外国にありそうな青い物置小屋など、外観もこだわりがいっぱい。

家を見るたびに、思わず顔がほころんでしまいます。

家が建ってからも、エコーアートさんのインスタグラムやYouTubeを見るのですが、どの家も素敵でかわいらしいものばかり。

こんなデザインもあるんだとか、おしゃれな家だなと思っても、やっぱり自分の家が一番ですね(笑)。

それくらい満足しているし、1年住んでみて困ったことはないし、とても居心地がいいですよ。

あれこれ要望を伝えると、知らない間に金額が上がっていたって聞くことがありますが、エコーアートさんに限っては、そんなことはなかったです。

事前に予算を伝えたら、その範囲内でちゃんと夢を叶えてくれる。

一生で一度の高い買い物だからこそ、お金のことを安心して任せられるのはうれしいですよね。

だから、したいことがあったら、まずは何でも相談してみることが大事。

「私はこんな家で暮らしたい」と伝えれば、きっと叶えてくれるはずです。

この記事をシェアする:
この記事のカテゴリー:インタビュー | ママンの家インタビュー