トピックス

耐震・制震・免震の違い

2020.02.14category:家づくりコラム | 新着情報

今回は、地震についてのお話です。

まず、地震の話しの前に、弊社のある浜松市は約30年前から大地震が必ず来ると言われてきた地域です。

大地震が来ると言われ、早30年が経ちます。

今では、地震保険の料金が日本で最も高いエリアになってしまいました。

ここ浜松市を含む関東~四国に掛けて東南海地震が来るとも言われています。

大地震の来る可能性についてはこの辺りにして…

では、本題の耐震・制震・免震の違いについてお話します。

耐震構造について

耐震とは、文字のごとく地震に耐える構造のことです。

浜松市でも、地震に対しては、多くの工務店さんが取り入れている構造のこと。

耐震・制震・免震の中では、一番安価にそして簡単にできる構造です。

下記がイメージ画像です。

弊社では、標準で対応している構造です。

この耐震構造や制震構造には、耐震等級という地震に対しての強さを1~3で表したものが関わってきます。

耐震等級3が、最も地震に強い建物となっています。

耐震等級3を確保するために、各工務店やハウスメーカーはさまざまな工夫をしているのが現状です。

耐震等級の詳細の話は、また別の機会にこちらのブログで書きますね!

次は、制震構造についてです。

制震構造について

制震構造 は、地震の揺れを制御する構造です。

弊社では、お勧めの構造になります。

イメージでは、地震の揺れを軽減してくれるという感じ。

弊社では、制震装置の搭載をお勧めしております。

制震装置は、家の大きさに応じて、使用される本数が6本に可能性があります。

イメージとしては、≒32坪程の家の大きさでしたら、恐らく制震装置を4本取り付ければいいと思われます。

制震構造とするためには、制震装置と呼ばれる機械を壁内に設置する必要があります。

今では、いろいろな 制震装置も出ておりますが…

使うべき制震構装置と、使用してはならない 制震構装置がございます。

筋交い型の 制震構装置を弊社では、お勧めしております。

筋交い型の制震装置は下記写真のようなイメージです。

この制震装置は、柱と土台、柱と梁に応力が掛かる装置になります。

ちなみに、弊社で採用している、制震装置。

制震構装置は、信頼の置ける物を採用することが大切ですね。

免震構造について

免震構造とは、地震の揺れを受け流す構造のことです。

特徴は、やはり費用が大きく掛かってくることですね。

その変わり、揺れを感じないので大地震が発生した際も、建物が受けるダメージが少ないことが上げられます。

本日のブログは一旦ここで終わります。

また後日、最後まで書きますね。

お楽しみに~!!

この記事をシェアする:
この記事のカテゴリー:家づくりコラム | 新着情報