トピックス

現地確認

2020.09.18category:スタッフブログ

こんにちは!

最近、ブログのネタ探しに奔走している、エコーアートの袴田です!

本日は、2021年2月頃に着工予定の北区H様邸の現地確認に行ってまいりました(^0^)

造成地で、だだっ広い敷地の中のどの区画か分からなかったため、不動産屋さんと事前に連絡を取り合い、現地集合しました!

不動産屋さんも、スケジュール的な打ち合わせをしたかったとのことで、合わせて話をしてきました。

さて、だだっ広い土地とは、どんな感じなのか…

気になるところですよね!

こんな感じでーす♪

うーん、大きすぎですね(^0^)

奥行は、50m以上あります‼

50mプールより、大きいんですよ(笑)

でかっ(>_<)

そりゃ、どこが建築予定地か、よく分からないわけだ。。。

ここは、3区画に分譲されて売りに出されます。

H様邸は、20mほどの旗竿地(進入路)を通ったところが建築地になります!

そして、前面道路は車がすれ違えるくらいの巾で、閑静な住宅地という感じ。

車通りも少なく、良い感じの場所です!

ちなみに、境界にはこんな杭が入っていますよ。

境界杭には、いろいろな種類の杭がありまして、上記写真はほんの一部です。

ちなみに、矢印の先端が境界のポイント、十字の杭は、十の交点部分が境界ポイントになります。

H様邸の現場には、全てのポイントにこの境界杭が入っておりました!

しかし、それでも現地がよく分からず…という感じでしたので、敷地が大きいんですよね(>_<)

隣の区画も、同じようなだだっ広い土地ですしね(笑)

この辺りには、この1年くらいで15棟くらいの家が建つそうです!

コロナウィルスが日本経済に大打撃を与えているにも関わらず、この辺りだけで5~6億円の経済効果ができるわけですよね(>_<)

来年の今頃は、この辺りはきっと様変わりしていることでしょうね!

着工まで、少し時間がありますが、少しずつ打ち合わせを進めていきましょう。

この記事をシェアする:
この記事のカテゴリー:スタッフブログ