トピックス

インナーバルコニーのアーチ壁

2020.05.01category:スタッフブログ

こんにちは!

エコーアートの袴田大地です。

磐田市S様邸には、南側にインナーバルコニーがあるのですが…

本日は、そのインナーバルコニーのアーチ垂れ壁のアーチ具合を決定してきました‼

決めるってどうやるの?と思われるかもしれませんが…

ただ、単純に書くだけです(笑)

まずは、アーチ壁を造るところに外壁面材を張ります!

そして、そこにアーチを書きます(^o^)

まずは、鉛筆で薄く書いて…左右対称になるようにしっかり寸法も測りながら書きます。

ちなみに、このアーチ具合は私のセンスです♪♪

実際に、足場シートをまくり、何回も足場から降りて下からアーチ具合を確認したり…

足場に登っては、アーチ具合を微妙に変えたりして…

徐々にアーチ具合を固めていきます‼

固まったのが、上の写真です。

全体的に言うと、こんな感じ!

薄っすら、鉛筆のアーチ具合が分かるかなーというところですね。

あっ、青いシートが張られているのは、気になさらないでくださいね。

大工さんは、別でこのシートを張っていました。

完全にアーチ具合が固まったら、マジックで本書きをします!

あとは、大工さんがこのマジックに沿って切れば、思い描いたアーチ壁になります。

ポイントは、下記に記載しますね。

①近くから見ることよりも、遠くから見ることです!

近くで良くても、アーチ壁は実際は、下から他人が見ることがほとんどです。

②丸くしすぎようとすると、アーチの肩口を下げなければなりません。

すると、ベランダにいる際、圧迫感を感じることになります。

下からの見た目、ベランダ内での圧迫感を考慮したうえで、アーチ具合を決定するのが、よろしいかと思います。

浜松市の注文住宅会社のエコーアートが施工するアーチ壁施工写真

遠くからのアングル写真を見ると、僅かしかマジックが見えませんが…

実際は、現場ではしっかりマジックが見えますので、ご安心ください。

以上、アーチ壁豆知識でしたー(^o^)

※アーチ具合をお施主様ご自身で決めようとせず、住宅会社にお任せする方が具合の良いアーチになります。

プロに任せておけば、きっと良いものができると思いますよ☆

この記事をシェアする:
この記事のカテゴリー:スタッフブログ