トピックス

地鎮祭から着工へ!

2019.10.08category:スタッフブログ

開催日:2019年10月8日(火)

こんにちは!!

10月1日(火)に浜松市浜北区において、地鎮祭を執り行いました。

天気予報は、9月下旬からずっと雨マークだったのですが、当日は快晴でした。

N様、おめでとうございます。

まずは、地鎮祭後は隣地境界をはっきりさせるためのブロック工事からスタート!!

外構工事とも呼ばれる、このブロック工事。

最初に土を掘削します。

ガツっとユンボでひと堀!

とは行かず…実はこの敷地、地盤がとても固くユンボで掘るのも一苦労でした。

ユンボの刃先を土に入れて、掘ろうとすると…

地盤が固すぎて掘れず、逆にユンボ本体が引きずられてしまう感じでした。

当然ながら、地盤調査の結果、改良はなしでOKとの判定も出ました。

掘り方を行った日には、ブロックのベース部分のコンクリートの打設まで行いました。

そして翌々日から、ブロックを積み始めました。

プロの職人さんなので、1日でブロック工事が完了しました!!

写真の赤い杭の釘が打ってあるところが、隣地との境界線になります。

この境界線より、1㎝離してブロックを積んでいます。

そして、木杭を動かさないように、少しブロックを欠いて積んでいます。

決め細やかな仕事ですね!

ブロックが完了すると、こんな感じです!

ブロックはご覧になられたことがあると思うのですが…

ブロックの土に埋まってしまう前の上記2枚のような写真は、ご覧になられた方は、ほぼいらっしゃらないと思います。

ベース部分(土台部分)がしっかりした構造になり、その上にブロックが積まされている感じです!

そして、やっと本日のお話。

ブロックの埋め戻しが完了しており、本日は基礎工事の遣り方(やりかた)を行いました。

ちなみに、木の棒が打たれておりますが、基礎屋さんが頑張って打ったそうです。

地面が固すぎて、握力がもう残っていないと言っていました(笑)

木杭を打ち慣れている基礎屋さんが言うのですから、やはり相当地盤が固いのですね。

現在は、この状態です。

10日(木)より、いよいよ建物本体工事に着手していきます。

この記事をシェアする:
この記事のカテゴリー:スタッフブログ